焼津信用金庫カードローン

まるせいカードローンきゃっするは焼津信用金庫が提供するカードローンサービスです。

どのようなカードローンなのか、ここで紹介していますので参考にしていただければと思います。

きゃっするの融資額は50万円から500万円と銀行ならではの大口で、まとまったお金を必要としている方に最適なカードローンです。

借入れの単位は10万円刻みになりますので、計画的な借入れとはいえません。

専業主婦やパート・アルバイトでも申し込みは可能ですが、これは審査が緩いというわけではありません。

あくまで申し込みが可能なだけで、審査通過するのは難しいので、正社員のほうが通りやすいようです。

きゃっするは大口融資で低金利なので助かりますが、即日キャッシングが出来ない点が残念です。

申し込んでから融資を受けるまでに時間がかかりますので、いまスグにでも借りたいたいという場合は、消費者金融を選んだほうが賢いです。

消費者金融系のカードローンは個人向けの貸付ですから、審査自体が緩いわけではありませんが、正社員でなくても借りれる可能性は十分あります。

但し多重債務者や、信用情報に事故情報が登録されていると厳しくなりますので注意が必要です。

土日でも借りれるので使いやすいカードローンです。

申し込みはネットからでも出来ますので、仕事の合間でも手続可能で非常に便利です。

業者によっては無利息期間サービスなど銀行系では中々真似できないような嬉しいサービスもありますので、まずは消費者金融で申し込みをしてみると良いのではないでしょうか?詳細はココ

自己破産ってなんですか?

自己破産とは債務整理手続きの1種で、債務者が債務を返済できなくなった特に裁判所に対し申し立てを行い債務を免除される手続きのことです。
借金の整理方法として最も有名なものですが、借金がチャラになる方法と間違った認識をされている方が多く厳密には自己破産だけではあ借金はチャラにならずタダの破産者となります。
借金をチャラにするには自己破産後に免責を受けなければいけません。
免責とは本来負うべき責任を問わず許されることを言い、免責を受けられない場合はただの破産者となり借金は残ってしまいます。
免責を受けられるか否かは裁判官が決定します。
免責が不許可になる事例としては浪費や賭博などで借金を作った場合などです。
他にも財産を隠していたり嘘の陳述をする免責不許可になります。
よほどのことがない限り免責は受けられますが場合に寄っては免責を受けられない人もいます。
また免責が許可されても税金の支払い義務は免れることは出来ません。
一定以上の価値ある財産がある場合は手放すことになりますが、裁判所が定める基準を超えない財産については手元に残すことが出来ます。
また家族が保証人に成っていないかぎりは自己破産しても家族に迷惑をかけることはありません。気になる人はコチラから

相続税・贈与税て何?

相続税とはなくなった人の財産を相続人がもらう特に支払わなければいけない税金のこと。
贈与税とは生きている人から財産を無償で貰った特に支払わなければいけない税金のことです。
つまりなくなった人から財産を貰う場合は相続税、生きている人から財産を貰う場合は贈与税ということです。
相続税と贈与税は基礎控除が大きく異なります。
財産が一定金額以下なら税金がかからないことを基礎控除といいます。
相続税の基礎控除の金額は「3000万円+法定相続人の人数×600万円」です。
法定相続人が2人であれば、3000万円+2人×600万円=4200万円となります。
4200万円が基礎控除ですから残された相続財産が4200万円以下であれば相続税は支払わなくて良いということになります。

一方贈与税は1年につき110万円の基礎控除となります。
1年間に受けた贈与税が110万円を超えた場合は110万円を超えた部分につき贈与税が発生します。
相続税も贈与税も税率は累進課税となり、もらった財産が多くなるほど税率が高くなります。
贈与税は相続税逃れが内用に考えられた税法であるため税率が高くなっています。

65歳以上の親から子供へ贈与する場合、2500万円までは非課税とされる制度を相続時精算課税制度と言います。
相続が発生した時、相続税が発生するほどの財産が残っている場合、相続税計算時に2500万円の贈与も相続財産に含めて計算します。

相続開始前3年以内の贈与には注意が必要です。
と言うのも、相続開始前3年以内の贈与は相続財産に含めなければいけないからです。
つまり、相続対策の贈与が実施後3年以内に相続開始を迎えてしまうと意味が無いということです。興味がある人はコチラへ