相続税・贈与税て何?

相続税とはなくなった人の財産を相続人がもらう特に支払わなければいけない税金のこと。
贈与税とは生きている人から財産を無償で貰った特に支払わなければいけない税金のことです。
つまりなくなった人から財産を貰う場合は相続税、生きている人から財産を貰う場合は贈与税ということです。
相続税と贈与税は基礎控除が大きく異なります。
財産が一定金額以下なら税金がかからないことを基礎控除といいます。
相続税の基礎控除の金額は「3000万円+法定相続人の人数×600万円」です。
法定相続人が2人であれば、3000万円+2人×600万円=4200万円となります。
4200万円が基礎控除ですから残された相続財産が4200万円以下であれば相続税は支払わなくて良いということになります。

一方贈与税は1年につき110万円の基礎控除となります。
1年間に受けた贈与税が110万円を超えた場合は110万円を超えた部分につき贈与税が発生します。
相続税も贈与税も税率は累進課税となり、もらった財産が多くなるほど税率が高くなります。
贈与税は相続税逃れが内用に考えられた税法であるため税率が高くなっています。

65歳以上の親から子供へ贈与する場合、2500万円までは非課税とされる制度を相続時精算課税制度と言います。
相続が発生した時、相続税が発生するほどの財産が残っている場合、相続税計算時に2500万円の贈与も相続財産に含めて計算します。

相続開始前3年以内の贈与には注意が必要です。
と言うのも、相続開始前3年以内の贈与は相続財産に含めなければいけないからです。
つまり、相続対策の贈与が実施後3年以内に相続開始を迎えてしまうと意味が無いということです。興味がある人はコチラへ